幸せの近道

 

 

こまりっすー

 

パソコンから投稿しております( ^ω^ )

いつもスマホで書いているんですけど、はてブロのアプリは誤作動が多くて、かなりの記事が編集途中で消されてしまいましたΣ(゚д゚lll)ガーン

そんなこともあって、ブログの更新が遅れてしまったのですねー

 

えっと、書いていない間になぜかアクセスが増えてて、読者さんまでついて、本当にうれしいかぎりでございます。私自身、自分の書いたものはなんとなく好きです。笑

なんでしょう…このあふれ出る…馬鹿だけどいいやつ感!!!

全然頭良くなさそうな、しかしながら素朴な人間性がにじみ出てて、いつか自分という人間と他人として向き合えたなら、スッとおにぎりを差し出したくなるような。。。

 

つまり、あれです。

全然女性らしくないやないか。

 

だけどね、もうあまり悩まないことにしたのよ。

なんというかね、彼を通していろんな気付きを得て、いろんな自分を手放していったらね、

なにが美しいのか。なにがかっこいいのか。

そういう感覚が、少しずつだけど、

巷のファッション誌や、テレビやなんやかやで取り上げられるようなものではなくなってしまったから。

 

美人だったらキレイとか、

キャリアがあったらかっこいい、とか。

一芸持ってるとすごい、とかね。

 

でも、心の眼で、じーーっと人を見つめてみたときに、

なにに感動するかというと、

「その人の中にある愛」が、とっても美しいこと。

 

その人が、内側にある愛に対して、どれだけ真摯に向き合っているか。

それがそのまま、本人の輝きとして外側に現れるものだな、と感じています。

 

じゃあボランティア活動したり、多額の募金とか、日頃から親切!!!をしなければならないか、というと、そういうわけではなくてね。

この世界に静かに身を置いているだけで、とても美しい生き物なんですよね。

 

むしろ、美しさばかりを求めて、あれこれすると

確かに顔も姿も変わるのですが、

その落ち着きのなさというか、欲の深さが、

 

すっごいキツーーイ波動だったりして、まるでサボテンのように本人からとげが出てるように感じる。

テレビに出ているひとはみんなそうで、だからわたしはあんまりテレビが見れなくなりました。

 

ただ愛でいる…それだけが、この世界に生まれた私たちの使命だと思います。

戦う必要なんかなくて、ひとりひとりが、ほんらいあるべき位置に、魂を戻していくこと。

そのためには、

豊かだからすごいとか、才能があるからすごいとか、

愛してくれる人がいるからすごいとか、。

そういう観念をことごとく消し去ることです。

 

私が最近残念に思うことがあります。

人というものは、案外光の近くにいる、と感じることが増えてきました。

人間だれしも、自分の中に悪を抱えているもの。

それでも、光っていっぱい持ってて、自然と湧き出ているひとも多くいるのです。

かわいそう、って思ったり、すごいね!って褒め合ったり。

みんな、人の歓びを自分の歓びとできる。そういう人が大変多いということ。

 

でも、光をいっぱい持っている人ほど、光が見えていないといいますか。

すごく優しい人ほど、自分の優しさに無自覚で、

私はすごくない…と自己卑下している。

宇宙から見たら、愛をいっぱい持っていることが、どれほどの美しさであるか?ということに気付けない。

そのせいで、必要のない悲しみを受けているように思えるのです。

 

奉仕したから、結果を出したから、という理由ではなくて、

胸にホワンっと愛を感じているだけで、そのひとってその世界を彩っている。

なんでそう思うか、って言ったら、

私が会いたいのは、そういう人たちだからです。

そういう人たちと笑い合いたいし、涙を流したい。

 

だから、自分の胸には愛があるんだ!ということを、多くの人が認めてほしいです。

それだけが、自分にとっての誇りにしてほしいです。

 

それが、私たちにとっての、幸せの近道だと思うから。

 

f:id:marinokotoba:20170720045606j:plain

 

〝凍結された〟私の男

 

 

こまったこまりですー

 

みなさん元気ですか(°▽°)

 

いやぁ東京はどんよりした天気が続きますね。そろそろ晴れ間が見たいな。

 

私もお天気同様、どんよりでした。

 

 

今日、なんだか自分の人生が突然真っ暗に感じたんです。

 

降りて来たインスピレーションが、

〝彼が消えた〟っていう言葉。

 

え、?!

 

っと思って、エネルギー的に探したの。

ちゃんといる、この世界にいるはず!って。

 

でも、彼とチャネルが繋がってる気がしなかった。

 

(やっべえな、あいつ消えたな…)って、冷や汗がじんわり。

 

彼の愛とか、自分の中の彼への愛も探したけど、見つからない。

 

 

突然普段と違う感覚が押し寄せて来たことに、混乱したけれど、

(こりゃ…手放しか。またか。)と、どこか冷静な私もいましてね。

 

 

本腰入れて、手放してやろうと思った。

 

 

だけど、そんな決意も打ち砕くかのように、

彼のいない世界がどれほど憂鬱で、

彼との未来もなく今を生きるのがどれほど退屈なのか…

そんなネガティヴがダダダダダッっと押し寄せて来たんです。

 

もう依存も甚だしいんだけど、彼がいないって本当に最悪。

 

だけど考えてみたら、私の人生…ほとんどあのひといない。笑

ずっとひとりで生きてきたじゃんか。

 

 

 

だから気づかぬうちに今の現状を否定してたし、現状を打破しようとしてた。

彼が幸せにしてくれるって、信じたかった。

私一人じゃ幸せになれないって思い込んでた。

 

 

そんな私に、

今日はでっかい〝can't!!!〟が来た。

 

彼とは…

無理だよー、ダメだよー、終わったよー

 

そういう直感。

 

死にたくなったし、生きてるのも面倒になった。

 

 

 

 

しばらくは精神的苦痛にのたうち回ってたんですけどね、

 

 

さすがこまりと来たもんで、

 

 

「だったらあいつなしで幸せになったるわい!!!!コラァ!!!」

 

ってなった。

 

 

お、私の男、キターー!!

って思ったね!!

 

 

そうそう、私の男性性、すっごいマッチョなの。

 

でもずっと凍結されてたかもしれない。

いつからかな…。

 

 

彼が幸せにしてくれるって思い始めると、私は私の男性性を使わなくなる。

人生に対して、怠慢になる。

誰かが幸せにしてくれるから、私はなんもしなくていいや…的な。

そこまで大げさじゃないんだけど、ちょっとエネルギーダウンさせるんだよね。

 

そんな女、彼は好きにならねぇよな。って思ったね。

 

 

ちなみに私の男性性はなぜかベランメェ口調なので、あまり出さないようにしてるんですけど、

でも頭の中ではこんな感じです。笑

 

私の男性性ってすごく熱い男。このヤローみたいな。

精神的に踏ん張るときは、(死ねクソ!!)って必ず叫ぶ。笑

 

これからは、この男をちゃんと起動させて生きていこうって思いました(°▽°)

 

デフォルトで搭載されてるものは、ちゃんと機能させなきゃ。

 

全力で、熱く生きる。

こんなもんだ…とか、誰かが幸せにしてくれること待ってちゃ、ダメダメ。

 

かといって何か特別することはないんだけど。笑

小さなステップを大事にね。

人生を楽しむこと。

 

 

当たり前だけど、大事なことですね。

 

 

そんなわけで、私の男性性が解凍されたわけですが、

彼とはどうなるんでしょうねー

 

 

 

そうそう!

彼は私のちょっと凶暴な男性性が好きみたい。

だから、私が強いオンナになっても全然大丈夫。

 

 

ツインレイって不思議なもので、

相手がどんな自分を好きなのか…

 

どこかでわかってるんじゃないかな。

 

それは、

可愛さとかセクシーさとか…そういうわかりやすい魅力じゃないかも。

 

私は私の中にある〝彼の好きなところ〟を、知ってるくせに排除してた。

 

オンナらしくないから。

彼が男だから、自分の男性性は出さなくていいやってサボりたかったから。

 

 

 

今回、彼とのチャネルが閉ざされたのは、

〝お前、そんなもんじゃねーだろ!!〟っていう、魂のお叱りだったような気がしますね。

 

面白かったのが、チャネルが切られたことに気づき、世界が真っ暗に見えたときに

目を閉じたら、内側から「コッチ!コッチだよーー!」って呼ぶ声が聞こえたの。

そのときはなんのこっちゃと思ったけれど、今ならわかる。

 

 

今の私の次元には、ツインレイの彼はいません。

今の私には、内側の男性性っていう、自分の中の男しかいない。彼はいないの。

 

 

私が次元を上昇させたら、そこに彼が待っている。

今のツインレイは、あいつじゃない。

私なんだ。

 

 

 

 

っと思ったら、なんか彼みたいなエネルギーが巻きついてるよ(//∇//)きゃーおかえりー!

 

 

f:id:marinokotoba:20170817213734j:image

 

 

 

〝愛されたい〟のは〝愛したい〟から

 

 

こまりです!いえい!

ちょこっとずつ閲覧数が上がってきてて、やる気が出てきました〜

 

私今月はまだまだ人間的な課題が山盛りでして、

ガイドに見守られながら学びを深めてます。

 

昨日、性のことと正面から向き合って、

あーでもないこーでもないといろいろ考えたのですが、

思い出したよ、

「私、そういや男性不信だったわ!」ってね。なはは!

 

 

私は男性とライトに会話するとか苦手なので、全然モテません

悩んだこともあったけど、大丈夫な人もチラホラいたから気にしないで来ちゃった。

 

彼と出会ったら、まるで幼児のときみたいに、異性であることを飛び越えて魂のやりとりが出来たから、

ますます悩まなくなった。

 

けどやっぱり、潜在意識には男性への不信感みたいなものを蓄積させてたので、相手を異性として向き合おうって思ったときに、ニュニュッと出てくるんだよね。それが。

 

うわ、出たよ…って思って、

彼のためにも男を信じられる私になろう!!って頑張った。

けど、そう思うとなんだかキュキュッと喉が締まるような感覚がして。

 

それで、スマホで検索したの。

「男性が信じられない」って。笑

安直すぎますな。←

そしたらこんな記事が出てきました。

http://love-to-all.jp/danseihushin0810/

 

読んでてスルスルと力が抜けて、楽になりました。

恋愛のコラムも良い内容のがたくさんありますねー

 

要約すると、

・男性を信じられない自分を責めない

・疑うことよりも、まずは自分の素直な感情を感じる

 

ってことで、彼のことは信じてあげたいなと思いつつも、

〝男を信じられない自分を受け入れる〟ということを実践してみました。

 

そしたら、今までの私の行動パターンが読めてきた。

 

今まで、男性を信じられない私でありながら、男性を信じられるように!と頑張ってたんだと。

男性に限らずですが。

 

頑張って信じようとしてたし、愛そうとしてた。

でも、どんなに良い人に出会っても、どんなに愛されても、〝不信感〟は拭えず、

ずーーっと腹に抱えてた。どうして良いかもわからなかった。

ひとを信じられない自分が嫌になった。

 

だからそのうち、愛せるひとを探すようになった。それは、愛してくれるひとだった。

私が愛しても大丈夫なひと。信じられるひと。

 

本当はただ、

相手を愛したい。ただ、信じてみたい。

 

なのに

それができない。

 

そういうジレンマを抱えて、いつしか目的が変わっちゃったのね。

愛するために愛してくれるひとを探すことになってしまったの。

 

 

自分から、無償の愛…真実の愛が流れ出ると、とても気持ちいい。

それだけで自分が好きになり、見返りなど得られなくても、幸せな気分になる。

 

私たち人間は、そういう体験がしたい。

〝愛される体験〟よりも、〝愛する体験〟のほうをしてみたいんだ。

自分がどれほど愛に溢れた存在なのか知りたいし、

他人の愛じゃなくて、自分の愛に溺れたいんだよね。

とても優しくて、純粋な生き物なのだと思うのです。

 

でも、生きてると色んな邪悪なものに触れる。

闇に侵された人に傷つけられたり、親同士の喧嘩を見せられたり。

テレビをつければ、あっちこっちで悲しいことが起こってると知る。

 

ただのびのびと相手を愛するとか、

何にも考えずに相手を信じるとか

 

そんな当たり前のことが、出来なくなる。

一番やりたいこと、だったのにね、。

 

 

私の場合はジェンダーというわかりやすいテーマで起こりましたが。

 

生活のそこここに、〝不信感〟は根付いてて。

家入って鍵を閉めるのも、考えてみれば、世界を疑っているのよね。

 

本当に平和な世界ってまだまだ遠い。

物質的に豊かな日本に住んでいてさえ、心の平安は得難いものです。

 

彼を信じられるようになるかはわかりませんけれど、

私は少しずつ、〝愛すること〟にチャレンジしたいと思います。

 

それがこの世に生まれて、一番やりたかったことだから。

 

 

f:id:marinokotoba:20170816191610j:image

性に対する意識改革

 

こまりですん

 

今日の内容は、今の私の重要課題なんです

 

 

彼の方の意識がなんらかの変化を迎えたようで、

じわりじわりと私もそれを感じ取ってます。

 

んでここにきて浮上したのが、

私の〝女性側としての意識〟の、

 

甘さ!!

 

女性としての意識、ではなくて

女性側、としたのは

 

あくまでツインレイというパーソナルな関係においての私の役割について今日は書きたいから。

 

私は女性側なので、彼の肉体浄化も引き受けてます。

それは、二人分の精神の浄化も任されてるってこと。

 

女性側がどれだけ闇を開放することがねきるかで、

男性側も変化してくれる。

 

見えない世界も見える世界も、動かす力を持っているのは男性側なので、

女性側は現実に向かわないで、内側で闇と対峙してたほうがいい。

 

ここまでは私のやってきたこと。

 

今回の問題は、もっとセクシュアルなことです。

 

私自身が性的な関係から逃げ回ってるらしい。潜在意識で見ると。

 

それをガイドに言われて、戸惑ってます。

 

じゃあ何をすれば…っていうのもわからん。

 

何千人とセックスしようと、ツインレイとの関わりとは次元が違うしね。

なんでだろうなぁ、って悩んでます。

 

 

ツインレイとの性はどういう意味があるのか…

ここからチャネリングします

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

性的な関係を結ぶ、ということは、

皆様方にとって、魂の根源への帰路につくということであり、

ある領域から見ると、性の関わりは発展ではなく回帰と言えます。

3次元の人々の性に対する平均的な意識は、我々の求めるレベルよりはるかに低く、精神世界…と謳われた記述の中でも、3次元世界における願望実現程度におさまっています。

しかし、ツインレイの関係における性エネルギーの循環の体験は、皆様が想像出来ない領域にまで拡大し、創造を生み出すものです。

性器やその交わりに対するイメージが、猥雑なものであることはまことに嘆かわしいことであり、早急な対応が求められます。

愛する人との関わりに歓びはつきものですが、愛の芽生えた人間同士による性交は、双方による非常に自然で明確な意思により行われるものであると理解してください。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

むむむ。

 

余計にわからなくなってきた!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

そこに愛があればいいの。その愛があなたの身体や心を先導し、

結ばれるべき人のところへ運んで行くわ!逆らうことなく、愛の導きを受け入れなさい。

(女性のガイド)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

んー

そうかぁ。全ては愛なのね!

 

〝受け入れること〟 が出来るのが、女性側のあり方。ってことかな。

 

運命に逆らわずにいきたいものですなー

 

f:id:marinokotoba:20170816130038j:image

 

 

ツインレイに疲れたときにやってほしい5つのこと

 

f:id:marinokotoba:20170814233655j:image

 

 

ふぇーこまりです

 

お盆って地方によって、やることが違うそうで。

 最近静岡の実家から埼玉に仏壇を移したので、結構混乱しました。

 

団子こねたり笹を立てたりなんだりしてると、ちょっぴり気が引き締まる。

これが身近な家族の初盆だったりすると、その忙しさがどこか救いになるのかな。

何もしないでいると、ドドドドっと気持ちが落ちてしまうとき…何かに集中してるときだけは、その悲しさを忘れられる、というような。

 

お盆って墓参りとかなんだとかで、普段は忘れてる古くからの習わしを思い出すときですけれど、

宗教的な意味とは別に、弔う方への静かな癒しがあるように思います。

 

 

さて、ツインレイの話に戻します。

 

私が思うに、ツインレイとの出会いの衝撃とか、その後のスピリチュアルな成長とか、相手とのサイレント期間って、

どれをとっても、すーーっごく大変なことだよと思う。

 

 

前世の感情が暴れ出したり、ということもありますものね。

 

そりゃ、人が死ぬわけではないので、そんなに嘆かわしいことではないんだけれど、

だからといって、手放しでは喜べない、試練めいたなにかがあるものだと思います。

 

もちろん楽な人もいるかもしれないけど。

 

 

ツインレイの女性って、精神ボロボロになってる人がほとんどだろうな、と思っています。

 

 

私さ彼との出会いの後、すごく辛い時期が長く続いたので、ありとあらゆることをやりました。

やりすぎて何が効いたのか…判断しにくい部分もありますけれど、

それでも今振り返ってみて、〝確実にこれは癒されるぞよ!〟っていうのがいくつかあるのでまとめます。

 

よければ参考になさってください!

 

 

①よく寝る

 

 

当たり前に思うかどうかは人それぞれかな?

ツインレイとの出会いって、高次元エネルギーとの接触です。見えない存在がかなり介入してきてる。お互いが未浄化な状態で3次元世界で出会うということは、時空の歪みを起こすような強力なパワーざ働いてのことです。たとえそれが、自然な出会いに見えても。

見えない世界的には、エライコッチャです。

 

人間の私たちは、突然高次元のエネルギーに触れるので、すっごく疲れます。

だから寝てください。

寝ている間は上の人たちも働きやすいので、そのほうが良いのです。

いっぱい寝てね!

 

私はひどいときは毎日10時間寝てました。お昼寝もいーっぱい。

 

②女性器を温める

 

これは上の内容ともリンクすることですが、高次元のエネルギーに触れると、グラウンディングが難しくなります。

頭がパッパラパーになったり、身体の体感が軽すぎちゃったりします。

女性器をしっかりあっためると、肉体としての自分の地盤が安定するので、いくらかマシになります。

 

子宮系女子の皆さんに倣って私もいろいろ試しましたー

いまは鼠蹊部(コマネチのとこ)を締め付けない下着にハマってます

 

 

③相手のことを世界から消す

 

あ、殺すわけではありませぬ!

 

これは私がなかなかできなかったんだけど、相手のことってどうしても考えてしまう。

考えすぎて、頭が爆発する。

答えの出ないことを考えるのは本当に疲れる。

でもどうしても考えちゃう。

心配してあげたくなるし、考えてると辛いけどどこかそういう自分も好き…

 

そういうときは、相手を世界から消して大丈夫です。

むしろ消したほうがいい。笑

必要なことは魂がちゃんと教えてくれる。だから、疲れるほど悩まなくていい。

そう知ってるだけで、いくらか楽になりませんか??

 

私はめっちゃ塾考するタイプなので、ものすごく考えてたんだけど、ほぼほぼ無駄でした。

 あ、でも愛が溢れてくるときは、全身で感じてくださいな♡

オーラが綺麗になるよ!

 

 

 

④やりたいことはやっちまう

 

会いたいときに会いに行かなかったり、告白したいのに告白しないと、

魂『やれよ!』

エゴ「やだよ!」

の対話が延々続く。

つまり、うるさい。

 

だからやりたいと思ったことはコツコツやるといいですね。

 

 コツとしては、淡々とやるの。

私は真顔で「結婚して。」ってメールしてたな。

言ったらスッキリして、だんだんどうでもよくなる♡ってこともあるんです!

 

 

⑤ブログを書く

 

これはこまりオススメの方法♡

 

ツインに対する愛がつのったときって、自分の中ではトゥーーーーマッチ!になっちゃって、

堤防破壊…なんてことになる。

 

んぎーーーー!って堪えるよりは、溢れ出る感情を言葉にすると良いですよ。

 

私は書くと楽になる。

蟹座特有の、感情ダム決壊はザラなのでね。(水のエレメントです)

 

書くと心が少し楽になるし、書いた後に読むと、

あーそんなこと考えてたのかぁーって自己分析にも役立ちます。

 

ちなみに私は自分のブログめっちゃ読む。笑

日常の意識レベルにも幅があって、すっごいどうしようもなくエゴまみれのときと、ちょっと高次元を理解し始めてるとき。

その幅のなかで、私がブログを書くときというのは結構意識が高いときなんですね。

っていうか、書くと意識が上がってくるの。

だから自分のブログを読み返すと、〝良いこと言うじゃんこいつ〟ってことも多い。

上がっても上がりっぱなしではなくてすぐ落ちるのですが、

高いときの自分がいるってわかるだけで、いくらか楽になります。

 

公開してもいいし、しなくてもいいんだけれど、

ぜひやってみてほしいな。

 

ポイントは、良いこと書こうとしないことと、文章を上手くまとめようとしないことですかね。

 

思いつくままにぶん投げた言葉の方が、誰かにも自分にも、響くことって多いのよ。

 

 

芸術は爆発だ!!、っ的な?

 

 

 

はい。以上5つの癒し方法でした〜!

 

いろいろやったけど、これらが一番です。

地味だし金もかからないけど、とりあえずそれで十分ですよ!

 

私の夢は、ツインレイの女性がみんなニコニコして楽しそうに生きるお手伝いをすること。

 

この世界だとどうしても、ツインレイってライトワーカー的な役割もあるから、地上の男女のカルマをどーーっぷりと背負ってる。

 

偉いな、って思うし、

頑張れ!って思う。

(自分も含めて。笑)

 

そんなわけで、いまはパンティ作ってるし、

ココナラでハイヤーセルフの声を聞くお仕事を提供したりしてます。

https://coconala.com/services/316846

 

 

全ては、繊細な女性を癒したい!っていう私の願いからきてます。

 

 

 

わたし、

いいやつなんですよ( ^ω^ )…ふふふ。

 

 

 

 

永遠の愛の見つけ方

 

 

こまりでーす(^ ^)

 

ライオンゲートで彼を手放したこまりでーす(^ ^)

 

そのくせツインレイブログをやめないこまりでーす(^ ^)

 

 

えっとねー

彼を手放して、すっごく楽になったのですよ。ここ数日。

 

彼がすごく重いやつだったからではなくて、

私が彼に執着する念が重たかったからです(°▽°)…

 

ちょーーー重かった気がする!笑

 

ツインレイだからいつか結ばれるはず…

無理だと思わず頑張ろう…

 

みたいなやつですね。

 

んで、彼とは無理だと思っている自分を受け入れ、明るい未来を手放して数日経ったら、

「無理かもしれない」という思念が消えていったようです。

思念というか、絶望感情かな。

体験し終えたら、消えるの。

感情を思考で固めてばかりいると、苦しくなるのですが、

心のどこかで絶望してるのなら、それ全身でやれば、さっさと終わる。

 

全身でやる、っていうのは、

「一生無理だぁぁぁ…メソメソ」ってやること。

未来永劫無理だと思い、その思いが自然消滅するまでいじらないでおくこと。(どうせただの思い込み…ってしない)

 

私はそれをとことんやりました。

絶望感情が抜けたら、新たなお告げが出てくると分かってたのです。

 

新たなお告げっていうのは、魂からのお告げ。

 

そして今日やってきた。

 

「彼とは上手くいくしかないんだわ…」っていうやつ。

 

ホッとするような、諦めるような、そんなお告げ。

 

こまりのツインはやっぱりオジサン♡

 

 

思い返すと

彼からは、永遠の愛を受け取ってたような気がします。

 

永遠の愛…

これを私流に言い換えると、

永遠に信じられるヒトです。

 

彼の優しさとか、彼の愛って、

私が見ると、

「あーこのひとはきっと、魂が消えるまでずっと、この愛を絶やさずにいるのだろうな。」

と思える。

 

対象などどうでも良いのですよ。

私を愛しているかなど、構わない。

 

 

私がその人を見るとき、幸せを感じる。

それは、永遠にそうなんだ。

 

そう分かる、感覚でしょうか。

相手の中の、深いところにある光への畏敬の念です。

 

かっこいいから、素晴らしいから、

男だから、ツインレイだから、

愛があるひとだから、

…。

そういう条件を一切排除して、彼を見たときに、

そこに、銀河のきらめきのような、彼という存在が見えるのです。

 

この世のものを眺めるような目では、見えないものです。

この世のものを知るような頭では、理解できないものです。

 

彼のうちがわに、〝永遠〟っていう…この世界じゃない絶対に現れない真実が見える。分かる。

 

見えるものしか見ずに来た私にとって、彼の本質と出会うことは、それだけで高次元の扉を開くことになる。

 

そして、彼の本質の輝きに、胸がふるふると震えるとき

愛されてるのだなぁ、と実感する。

 

彼にじゃなくて、宇宙の神様に。

 

 

 

ライオンゲートで彼を手放してしまったものの、

やっぱり私にとって、彼の存在は〝永遠の愛〟。

 

感謝せずにはいられないです。

 

彼の本質が光であること、

すっかり忘れてたな。

 

 

好き、嫌い、好き、嫌い…

そういう気持ちの行き来をやめて、

空っぽの状態で、相手を見るとき…

 

相手の存在…という、自分にとっての歓びが、胸に押し寄せてくる。

 

 

手放したことは意味のあることでしたが、

 

彼の本質に出会うたびに、

「ありのままのその人を見つめるだけ…ただそれだけのことが、

どうしてこんなにも難しかったのだろう?」と、思わずにはいられない。

 

 

そんなわけで、彼は、

私の次元上昇のために出会った人なのだなと思いますね。

 

 

f:id:marinokotoba:20170813233659j:image

 

 

愛の護身術

 

こまりですー

 

アセンションアセンションっていうけれど、私としては、

なにか大きなイベントがあるたびに、霊との格闘だったりエネルギー変容でゲロゲロになってるので、

進歩している感覚よりも、どんどん大変になってる感じ。

 

アセンションによって地球からあぶり出された闇のエネルギーが、一部の心の広い(ってか脇が甘い?)人間さんの体を通過して、無害化されているからです。

 

ツインレイに出会ってるひとは、漏れなくそうですね。

だからそれなりに大変な体験をされてるのでしょう。

 

私は先日、また明晰夢の中で霊に襲われました。

私の体内に内包していた闇のエネルギーがアストラル界に投影された結果、霊として可視化できてしまうのですが、

かなり乱暴ですし、こちらのコントロール能力を奪ってくることも多くて、毎度壮絶なバトルです。

ま、絶対生きて帰ってこれます。やはり守られてるので…。

 

霊との対峙は無いに越したことはないと思いますが、

もし3次元に投影されると、痴漢や詐欺に遭ったり、なんらかのエネルギーバンパイヤ的な人につきまとわれたり、といろいろ起こる。

 

だからまぁ、寝ている間に何が起きてても、あまり気にしない方が良いのです。

 

それでもやっぱり、怖いものは怖い。

 

 

どうにかせねざと焦った私がネットでスピリチュアルブログを読みあさっていたら、

「妖怪を飲み込んで退治した」

「ジャンクな霊を胸のチャクラで吸収した」

という体験談がありました。

 

(え、体内に入れるのかぁ…)と思っていたのだけれど、

お二人に共通してたのは、

「愛のエネルギーの洗礼を浴びさせる」

という行程でして、これには納得。

早速やってみよー!っという気がいたしました。

 

そしたらその次の晩にちょうどよく霊障が起きまして、

だいたいオバケ様のご登場前には金縛りになるのですが、

案の定金縛りの気配…

すっごい怯えながらも少しノリノリになってました。

 

すると、

ぐわぁん!!!っと身体に気味の悪いエネルギーが入って来て、全身が蛇に絡まれたような感覚がしました。

 

うげええええ!!こわいこわいこわい!!!ママ助けて!!

 

って思ったけど、声が出ない。(霊障あるあるです)

 

そこでハッ!と用意した秘策を試す時だと思い出し、早速愛をイメージしました。

 

めっちゃ怖い体感の中、愛だの光だのイメージするのは大変なんだけど、

 

 

胸の真ん中で「アイシテル…」みたいな柔らかいエネルギーをとにかく意識。

 

そしたらその瞬間、霊がたじろいだのです。私の身体に居られなくなる、というか?

 

で、「おぉ!」と思ったらまた捕まってくる。

 

オバケ様に意識が持っていかれるとあっちの思うがままにされるので、

必死に無視して愛をイメージ。

 

彼に対する愛がいちばん掴みやすいので、ホォワァァァア〜♡っと。

 

身体がドッタンバッタン暴力振るわれても、構うことなくホォワァァァア〜♡です。

 

そしたら、だんだん私の身体がボワァーーーっと浮いて、霊のほうが落ちていきました。落ちた先が地獄になってるような感じです。

私は吸い込まなかった。笑

 

 

目が覚めて、状況を整理したのですが

なんといっても感謝すべきは愛ですね。

 

ホワァァアアンって、一見頼りなさげだけれど、ジャキジャキした荒っぽいエネルギーから身を守ってくれる、最高の盾。

 

ツインレイに出会えていたからこそエネルギーが出せた…わけではないですが、対象がハッキリしてるので私にはいちばんやりやすい。

 

「ハァー…」とうっとりするような心地かな。

 

 

もし3次元世界でなんらかのネガティヴな対象と戦っている方がいらっしゃいましたら、

そいつの目の前とかで、我関せずで愛に浸ってほしいなと思います。

 

誰かや何かを「アイシテル…」って気持ちだけで、私たちは邪悪なものを遠ざける事ができることを実感できるでしょう。

 

 

そして、その「アイシテル…」は、その人に愛されてると思えるような現実を生きてなくとも、自分の中で生み出されるもの。

だから、誰にも愛されなくても、愛することってそれだけで素晴らしいことだとわかるし、

愛させてもらえるだけで、実はすごい恩恵なのかもしれませんよね!

 

地球大変動の今、繊細な身体を守ることは必須です!

 

 

愛の護身術…ぜひお試しくださいませ♡

 

 

f:id:marinokotoba:20170813153713j:image